どんな時がタバコが吸いたくなるのか

一度味を知ってしまうとタバコは一生止められなくなる常習性の高い物です。
しかし長いタバコ歴を持つ人も本気になれば禁煙を成功させる事ができます。
また家族の事を考え健康や金銭面で見直しを考えているなら、そう思った時が禁煙治療を始めるチャンスと捉えると良いです。
本気で禁煙治療を考えているなら、医師の指示のもと治療を開始するのが一番良い方法です。
どんな時タバコが吸いたくなるのか、それはニコチンが切れた時や不安・ストレスを感じている時です。
タバコを吸うとニコチン受容体にニコチンが結合しドパミンが放出されます。
これにより一時的に興奮状態を引き起こし、気持ちを楽にさせてくれます。
ニコチンが切れると無性にタバコを吸いたくなる衝動を抑えられなくなる禁断症状が出るため、喫煙をしてしまいます。
この衝動を薬で管理するのが禁煙治療薬になります。
禁煙治療薬には、チャンピックスとニコレットがありそれぞれ異なる特徴を持ちます。
チャンピックスは病院やクリニックの禁煙外来で処方される薬であり、ニコチン切れ症状を軽くしタバコをおいしく感じなくさせる飲み薬です。
一方ニコレットはニコチン置換を目的とし吸わない代わりにニコチンを体内に入れ禁断症状を軽くするもので、薬局等で購入する事ができます。
特にチャンピックスは副作用が出るケースもあるため、医師の指導のもと服用する必要があります。
また無断で服用を中止したりせず医師の指示のもと服用を続ける事が大事です。
禁煙治療に一番大切なのは、もう絶対に吸わないと言う強い意志と覚悟を決める事です。
治療薬に頼り過ぎるのではなく、薬は補助薬と言う認識のもと負けない心を持つ事が禁煙成功のカギとなります。